韓国系企業1

【2021年】 “Line”は韓国系企業?意外に知られていない日本にある韓国企業をご紹介

Galaxy Z Fold 3が発売されたばかりのサムスン。世界的アーティスト「BTS」が所属するBIGHIT MUSICなど2021年は韓国企業が目出ちます。韓国の大手企業とは異なりますが、日本には、在日韓国人、朝鮮人もしくは、日本に帰化をされた方々経営する以外に知られていない有名な韓国系企業も多くあります。今回は、そんな以外に知られていない韓国系企業をご紹介します。

 株式会社カカオ

韓国系企業2

カカオトークアプリで知られる株式会社カカオ。日本法人は、株式会社カカオジャパン。
カカオジャパンは、無料通話メッセンジャーアプリ「カカオトーク」の日本語版の他に、スマートデバイス向けの漫画&小説アプリ「ピッコマ」を運営していいます。

モンシェール

韓国系企業3

ロールケーキ「堂島ロール」で有名なモンシェール。在日韓国人 [1] の双子の姉妹である金美花氏と、金春花氏が2003年に創業した会社です。大阪府大阪市北区に本社があります。洋菓子の製造・販売の他、サロンを経営も行っています。「堂島ロール」の他に各種焼き菓子なども人気です。

 LINE株式会社

日々の生活で無料通話・メールアプリ「LINE」を使用している人も多いことでしょう。
LINEは、韓国の最大手ポータルサイトネイバーが2000年にオンラインゲームサイト日本運営法人「ハンゲームジャパン」として設立したのが始まりなのだそう。現在は、ソフトバンク傘下のZホールディングス株式会社の完全子会社です。

株式会社マルハン

韓国系企業4

パチンコ店運営業界の会社の大手であるマルハン。創業者で会長である韓昌祐氏は、戦後後に特別永住者資格を取得した方です。韓昌祐氏は、2001年に日本へ日本国籍を取得している方です。マルハンは、パチンコ事業の収益金の1%を地域社会の奉仕に充ている他、芸術やスポーツや福祉などの分野の個人や団体に対して助成基金を授与しするなどの積極的に社会貢献をされている企業です。

ソフトバンク

ソフトバンクグループ株式会社代表取締役会長兼社長の孫正義氏。在日韓国人実業家の二男として佐賀県鳥栖市にお生まれになりました。その後、孫氏は、ご自身のTwitter で日本に帰化していることを発表されています。

株式会社ムラサキスポーツ

スポーツ好きであればだれもが知っているスポーツ用品やカジュアルウェアムラサキスポーツ。東京オリンピックのスケートボード選手のスポンサーでもあり2021年度はさらに知名度が高くなりましたよね。本社は、東京都台東区にあり店舗は全国で129店舗その他海外進出をしている会社です。創業者は、在日韓国人である金山 良雄氏。現在は、会長に就任されています。

まとめ

今回は、日本にある韓国系企業をご紹介しました。どれも社会的にも知名度が高い企業ばかりですね。その他、Yahoo!知恵袋などでは○○会社はの○○さんは在日韓国人と記載されていることもあります。気になる方はチエックしてみてもよいでしょう。

【関連記事】

ギャラクシーフォールドって?2021年発売のモデルもご紹介!