ダイソン 扇風機1

ダイソン 扇風機が人気の理由は?最新の人気ダイソン扇風機7選もまとめてご紹介

ダイソン 扇風機は、高性能、高機能でありながら羽なしのスタイリッシュなフォームがどんなインテリアにもマッチする人気の扇風機です。ダイソン 扇風機には、性能が異なる複数の種類が販売されています。

今回は、ダイソン 扇風機の人気の秘密や価格に加えて、ダイソン 扇風機の人気モデルもご紹介します。扇風機の買い替えを検討している方は、必見ですよ!

ダイソン 扇風機って?

ダイソン 扇風機2

ダイソンは、イギリス発の家電機器メーカー。紙パックが不要のデュアルサイクロン掃除を世界に広めた会社です。掃除機や扇風機の他にも、コードレスクリーナー、ヘアードライヤーなど斬新な機能を備えた電化製品を多数販売しています。

機翅のない丸い輪っかから風が出てくる扇風機、エアマルチプライアーが発売されたのは2009年。その後、扇風機は年を追うごとにどんどん進化していき、現在、販売しているダイソン 扇風機の種類は以下の6つの異なるタイプの扇風機を販売しています。

①扇風機のみのタイプ・・・・・クール(Cool)
②扇風機+空気清浄機タイプ・・・・・ピュア・クール(Pure Cool)
③扇風機+空気清浄機+スマホ操作タイプ・・・・・ビュア・クール・リンク(Pure Cool Link)
④扇風機+ファンヒータータイプ・・・・・ホット+クール(Hot + Cool)
⑤扇風機+空気清浄機+ファンヒータータイプ・・・・・ビュア・ホット+クール(Pure Hot + Cool)
⑥扇風機+空気清浄機+ファンヒーター+スマホ操作タイプ・・・・・ピュア―・ホット+クールリンク)Pure Hot + Cool Link

ダイソン 扇風機が人気の理由

ダイソン 扇風機3

1,スタイリッシュなデザイン

ダイソン 扇風機が人気の理由の一つが、ミニマムでスタイリッシュなデザインは、インテリアを選ばない扇風機の一つです。

2,お掃除が簡単

扇風機といえば、翅の部分にほこりが貯まるので、こまめに掃除をすることが必然的に必要になりますが、ダイソン 扇風機は、扇風機の翅の部分がないため手入れも楽ちん。

ほこりがたまるまえに、さっと拭き掃除ができる扇風機です。

3,ハイスペックな扇風機

ダイソン 扇風機は翅がない分、パワーがなさそうなイメージがありますが、内部に組み込まれているファンによって空気を送り出すので、パワフルな風を送り出すことができます。

また、扇風機に空気洗浄機やファンヒーターが一体になった扇風機にプラスアルファの機能が追加され種類もあり、年間を通して利用でき、出しっぱなしでもよいという点も現代人のライフスタイルにあった魅力の一つと言えるでしょう。

ダイソン扇風機の価格

ダイソン 扇風機は、付帯する機能によって価格に差がつきます。扇風機機能のみのモデルであれば、2万円代~、空気清浄機能や温冷風機能付きで5万円ほど、全機能が一番ついているものだと8万円代。

扇風機以外の機能がつくと値段は高くなりますが、年間を通して使える機能が付いているので、長期使う助詞不足の可能性ありことを考えるとコスパの良い扇風機といってもよいでしょう。

ダイソン 扇風機の人気モデル3選

ダイソン 扇風機4

Dyson Pure ホット&クール HP00ISN

ダイソンの特許技術「Air Multiplier(エアマルチプライアー)テクノロジー」を使ってムラのないパワフルな風を送り出すダイソン 扇風機。

ファンヒーターのそして空気清浄機能付きの多機能で、夏冬どちらも利用できます。自動温度制御機能、スリープタイマー、転倒時自動停止機能を搭載しています。フィルター交換も楽々です。

Dyson AM07DCWS

空気洗浄機がついていないAMタイプのダイソン 扇風機。独自の「Air Multiplierテクノロジー」搭載。パワフル度はかわらずとも最大60%運転音と0%の省エネを抑えられるもです。

スリープタイマー、風量調整機能が設定できるリモコンが付属されます。ジャパネットが最安値で販売している商品です。

Dyson Hot + Cool AM09 ファンヒーター

空気清浄機とヒーターとしても使用できるハイエンドモデルのダイソン 扇風機。ホワイト&ニッケルの2カラーがあります。花粉や、ハウスダスト、ウイルスに効果に清浄。

部屋全体の空気を清浄する「Air Multiplierテクノロジー」を採用しているので広範囲での洗浄が可能です。

まとめ

ダイソン 扇風機5

人気のダイソン 扇風機を購入するメリットや人気の機種をご紹介しました。翅なし扇風機であるダイソン 扇風機はみためもスタイリッシュでインテリアの邪魔にはなりません。

1台で扇風機の他に空気洗浄や温風機能が付帯し2役、3役兼ねるので値段は普通の扇風機より張りますが、利用頻度や長期的にみると経済的な扇風機といってもよいでしょう。

【関連記事】

最高のサムスン電話は?人気機種4選とその魅力をご紹介!