New IPhone

新しいiPhoneは?データ移行やバックアップについて解説!!

 

スマートフォンの代表格といえばiPhoneですよね。2008年の発売から、毎年新しいiPhoneが発売されています。今回は、現在発売されている最新のiPhone情報から、新しいiPhoneを購入した際のデータバックアップの取り方、データ移行方法などをご紹介します。

新しいiPhone“iPhone12”

現在(2020年5月)、発売している新しいiPhoneの中で最も新しいiPhoneといえば“iPhone12”シリーズです。 2020年10月に発売し、2021年4月には、新色「パープル」も追加発売されている最新シリーズです。

次世代5G対応のスタイリッシュな新しいiPhoneは、安定したワイヤレス充電が可能なMagSafeを搭載。カメラ性能も前期種よりアップグレードし、スペックも高いiPhoneです。

新しいiPhoneへのデータ移行方法

新しいiPhoneを購入した際は、今まで愛用していたiPhoneから写真やアプリケーションなどのデータやパスワードなどの設定を移行するなどのデータ移行が必要になります。ここでは、古いiPhoneから新しいiPhoneへのデータ移行について順序よく説明していきます。

古いiPhoneを初期化する

新しいiPhoneを購入した場合、今まで使用していたiPhoneを家族や知人に譲渡もしくは、下取りする人が多いのではないでしょうか?

そんな場合は必ず、自分の個人情報を含めて今まで使用していたiPhoneからアプリや個人情報などすべての情報を削除し、iPhoneを工場出荷時の設定に戻す、いわゆる初期化をする必要があります。

初期化をする前にする準備は以下になります。

【初期化前準備】

  • Apple Watchとのペアリングを解除する。
  • iPhoneのデータをiCloudやiTunesを使用してバックアップを取る。

通常、PCを使用するのであれば、iTunes、携帯であればiCloudを使用します。このバックアップだけでは各アプリの情報移行はできないので注意しましょう。

  • ”iCloud”、”iTunes Store”、”Apple Store”のApple関連のアカウントからサインアウトする。

iCloudをサインアウトすると、必然的にその他のApple関連のアカウントから自動的にサインアウトします。

これらの初期化前の準備を行った後に、古いiPhoneの初期化を順序良く行っていきましょう。

【初期化手順】

  1. 設定アプリから、「一般」を選択、その後リセットをタップする。
  2. 「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択し、iCloudのバックアップを再度確認する。
  3. 設定している設定しているパスコードを入力する。
  4. リセット画面が出てくるので、画面内の「iPhoneを消去」を2回タップする。

この手順で操作を行うと、Appleロゴが画面に表示されます。その後、「こんにちは」という文字が表示されたら、初期化は、無事完了です。

新しいiPhoneの設定移行方法は?

古いiPhoneにあった情報を新しいiPhoneへ移行する方法は、以下の2つが簡単です。

  • バックアップを取ったiCloud、iTunesからデータを移行する。
  • データ移行機能(クイックスタート)を使って直接データ移行する。
    (iOS 12.4以降)

もっとも新しいiPhone“iPhone12シリーズ”は、バックアップを取らずともiPhone同士をかざすだけでデータ移行ができる便利なクイックスタート機能が使用できるので面倒な準備が苦手な人にはもってこい。

とても簡単なシステムなので、活用してみましょう。ただし、バックアップ同様LINEなどのメッセンジャーアプリやゲーム、Googleなどは別途設定が必要になるので注意しましょう。

Android端末から新しいiPhoneへ機種変更する際には、Apple公式アプリ「iOSに移行」を使用すると新しいiPhoneへ、写真や動画、連絡先やメッセージなどのいくつかのデータがスムーズに移行できますよ。

まとめ

新しいiPhoneモデル“iPhone 12”と古いiPhoneからのバックアップやデータ移行設定についてご紹介しました。データ移行も簡単にできて、便利な機能も多数搭載している新しいiPhone” iPhone12”シリーズ。

新しい携帯端末の購入時の検討をしている方は、この機会に新しいiPhoneの購入を検討してみは、いかがでしょうか?