gopro hero10(ゴープロ10) は、2021年9月に発売されたgopro シリーズの新作カメラです。

アクション撮影をメインにするアクションカメラの最先端を行くと言っても良いyoutubeやSNS動画アップには欠かせない小型カメラです。本記事ではこの注目の新作カメラについて簡単にわかりやすくポイントを押さえて解説します。

購入を検討している方、アクションカメラについて興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

Gopro hero 10の発売日

gopro hero10_2

gopro hero10(ゴープロ10) は、2021年9月17日に発売されたgoproの最新モデルです。前モデルであるゴープロ9と比較すると外観のサイズは、ほぼ同じですが、搭載されているチップが異なります。

10は、パフォーマンスが高い最新チップ「GP2」を使うことによって画質やカメラのパフォーマンスがワンランクアップしている注目の最新アクションカメラとなっています。

Gopro hero 10の価格

新チップを搭載した内容の濃い新作カメラの値段は、現在56,905円~。前作モデルと同様に、レンズカバーの取り外しも行えるので、155°のワイドアングルが可能な「MAXレンズモジュラー」など別売りアクセサリーを購入すると値段はさらに高額になります。

Gopro hero 10の機能と特徴

gopro hero10_3

ここでは、Gopro hero 10の特徴と機能を紹介していきましょう。

■高クオリティ、高画質など機能がパワーアップ

動画撮影のパフォーマンスが向上:最大5.3K/60fpsまでの動画撮影が可能

画質の向上

4K画質で最大120fpsでの撮影が可能

静止画撮影は最大2300万画素

手ブレ補正機能の向上

「Hypersmooth 4.0」使用しさらに安定した映像を撮影が可能。水平維持機能が最大45°になり、カメラが傾いてもフラットな状態と同じ状態で撮影が可能。

スピ―ドアップ

インターフェースのレスポンスが速くなった。他、アップロード機能(本体を電源に接続するだけで、コンテンツを自動的にクラウドにアップロードすることが可能)も搭載。

最新チップ「GP2」

新チップ最新チップ「GP2」を使用することによって「GP1」チップ使用のゴープロ9よりも機能がはるかにパワーアップしています。

今まで静止画だけに対応していた明るさを自動に認識し、暗い部分だけを明るくする「LTM」機能や、低照度でのノイズ低減機能が動画でも可能になったのはGopro hero 10ならではの特徴の一つといってもいいかもしれません。

YouTubeなどライブストリーミング機能ももちろん対応しており、ライブストリーミングでも手振れ補正や水平維持効果がある「Hypersmooth 4.0」機能が使えるのはストリーマーにはかなりうれしい機能といってもいいでしょう。

Gopro hero 10のバッテリーの持ちは?

アクションカメラということで、アウトドアで利用することが多いカメラでは、バッテリーの持ち時間もきになりますよね。画質やフレーム時間によってもことなりますが、現在主流の撮影4K (60fps)で撮影した場合は、1時間12分ほどが目安となっています。

長時間の撮影やチャージするところがない場所での撮影では、予備のバッテリーを持参していくことを検討してもよいでしょう。

Gopro hero 10の防水性能

gopro hero10_4

防水機能がすでに本体に備わっていることは、Gopro カメラならではの強みです。新作カメラでももちろん防水性機能は完璧。水深10mまでならば、本体のみで撮影可能です。

これならば、旅先でのちょっとしたシュノーケリングの撮影なども可能です。また、専用のハウジングを付ければ60mまで撮影できるので、本格的な水中撮影を行いたいダイバーの方などは、ハウジングの購入をすれば水中カメラとして使用可能です。

まとめ

2021年9月に発売されたGopro hero 10を紹介しました。前作の9とは外観は、変わりませんが、機能的には最新チップ「GP2」を使うことによって機能性がかなりパワーアップされている機種です。

Gopro hero9以前のモデルをご利用の方で、買い替えを考えている方にもおすすめの新作アクションカメラといってもよいでしょう。また、Gopro の新作は毎年発売されていることでも知られています。2022年の新作発表には10を上回るどんな機能が搭載されているのか今から楽しみですね。