2021年9月24日に発売したばかりのiphone13。発売モデルは、全4種類。通常バージョンの他に、「mini」高機能の「 Pro」高機能大画面の「 Pro Max」が発売されました。今回は、そんな新モデルを徹底解剖します。

特徴は?

iphone13_2

今回発売された、シリーズの一番の注目点は、カメラ機能。センサーシフト光学式手ブレ補正が全てのモデルに搭載。ディスプレイの輝度もアップされます。

注目は、ビデオ撮影の新機能動画機能として撮影中に複数の人物の間でフォーカスを自動調整してくれるという「シネマティックモード」が導入されるところ。この機能のおかげで、映画のような奥行のある動画が手軽に撮れるようになっています。

また、最強スペックの「A15 Bionicチップ」を搭載し、バッテリー駆動時間の長さも通常よりもおおよそ2時間ほど増えました。他のスマートフォンよりも最大最大50%速いCPUと最大30%速いグラフィックスで、重いゲームやARアプリケーションも軽々動かすことができるのがポイントです。

認証機能は?

今回のモデルに認証機能に指紋認証機能はありません。ただし、、Xから12シリーズまでと同様に、顔認証(FaceID)は搭載されています。コロナ下で、マスクをつけることが多く指紋認証を必要としている方も多いので少し残念だという評判も聞こえてきます。

カラーバリエーション

基本は、ピンク、ブルー、ミッドナイト、スターライト、レッドの5色。 Maxがシエラブルー、シルバー、ゴールド、グラファイト4色の全9種類のカラーバリエーション。

注目は、淡いピンクとproシリーズのシエラブルーの2色。どちらも、今人気のパステルカラー風で女性に人気が出そうな色のチョイスです。

値段は?

最も安い「mini」で9万6780円(データ容量128GB)。高機能拡大画面の「Pro Max」(1テラバイト)は、24万3144円とかなり高額な値段です。

ちなみに、新機種発売により「12」シリーズは、各オンラインショップでお安めに販売しているので、興味がある方はチエックをしてみるとよいでしょう。

今回のモデルは、ストレージ容量の64GBがなくなり、最低容量は、128GBからとなります。

お勧めの方は?

iphone13_3

カメラ性能の向上やバッテリーの良さを考慮すると、新規の購入のみならず、2年以上同じ機種を使用している方にも買い替えはおすすめです。

Apple ショップや家電量販店、キャリアショップで下取りをすることによってもその期間であれば買い替えもリーズナブルな価格ですることができます。

下取りを希望の方は、購入前にどれくらいの値段で下取りをしてくれるのか確認してみるとよいでしょう。

まとめ

iphone13_4

高機能カメラと強いバッテリーが魅力の新機種。2021年の最新モデルを使いたい人
映画のようなすばらしい最新の動画を撮影したいなど最高のカメラ機能を使ってみたいという方は、ぜひ、購入を検討してみてはいかがでしょうか?

【関連記事】

ipad pro 11インチって?ipad pro11について詳しく解説!