Web3とは分散型のネットワークを基礎としている次世代のインターネット上で情報(テキスト、画像、音声など)をやり取りするプログラム、Web(World Wide Web)のことを示します。

たとえば、Googleなど、1つのソーシャルアカウントがあれば、さまざまなサイトに移動できるようになるという私たちが利用し始めているサービスもこのWeb3といえます。本記事では、この次世代のインターネット「Web3」といったいどんなインターネットサービスなのか簡単にわかりやすくご紹介します。

web3とは?

web3_2

Web3、もしくは「Web3.0」ともいわれる次世代のインターネット。ソーシャルメディアの時代、いわゆる情報の発信者と受信者の関係が双方で発信者でも受信者になりゆる多方向のインターネットプログラムといってよいでしょう。

また、Web3の特徴の一つでもある分散技術は、暗号技術によって正確な取引履歴を1本の鎖のようにつなげ、正確な履歴を維持する技術である注目の「ブロックチェーン」を利用していることでも注目されている理由といえるでしょう。

 

Web1.0の特徴

インターネットが一般に普及し始めてからWeb 2.0が登場し始めるまでの間、すなわち1990年代半ばから2000年代半ばまでのWeb2.0が出現する前の期間のWEBプログラムです。

マスメディアの延長としてのWebとしてしられ、情報発信者が樹s人社に情報を発信するということがメインでした。ということは、WEB上で情報を得ることができる雑誌や新聞を想像すると良く理解できるのではないでしょうか?

Web2.0

情報を与える側ではなく、情報を利用する側が優先的になるWeb構築がWeb2.0です。Web1.0のメイン機能であった“検索”“受信”に情報の発信や共有が注目したい機能といえるでしょう。発信者だけではなく利用者も同等のバランスを取っているネットワーク構造です。

Web2.0では、個人が情報を発信できる「ブログ」や「SNS」などで個人の交流が持てるようになりました。

web3層構造とは?

Web_4

3層構造とは、クライアントである「ブラウザ」を初めてクライアントとシステムのやりとりをするプレゼンテーション層の「WEBサーバー」。システムを請け負い情報処理を行う「APサーバー」。コンピュータのデータベースを構築するために必要なデータベース運用や管理のためのシステムである「DBサーバー」で構造されている構造のことを示します。

 

web3銘柄とは?

WEB3.0銘柄とは、ブロックチェーン技術を利用して個人間でデータのやり取りが行えることを目指す仮想通貨の銘柄のことを示しています。

現在のインターネットは、Googleなどの大手IT会社を介して利用者同士のやりとりをする形式です。ですが、このWEB3.0銘柄といわれる仮想通貨プロジェクトは、真ん中を介する大手IT会社を通さなくても、個人同士でデータのやり取りや情報の管理をすることを目指している仮想通貨を称しています。

WEB3.0銘柄の正しい選び方

web_5

とはいっても、世界中で10000種類以上ある仮想通貨銘柄からいったいどの有力なWEB3関連の銘柄を選べばよいのでしょうか?

ここでは良質の銘柄を選ぶポイントをご紹介します。

  • メジャーな取引所に上場している銘柄

大手取引所に上場している通貨は、厳しい審査を通過した通貨です。そのため、ある一定の信頼性が高い通貨といえるでしょう。

  • 開発が進んでいる通貨

公表されている企画書(ホワイトペーパー)やロードマップに沿って実際に開発が進んでいる通貨は、堅実的で信頼性がある通貨といえるでしょう。

  • メタバースやNFTに関連している

オンライン上に構築された3Dの仮想空間であるメタバースやNFT関連のWEB3と同じ思想で構築されてるものが多く今後、深くweb3に深く関係していくのではないかといわれています。そのため、メタバースやNFTに関連している銘柄や資金を出資してもらっている仮想通貨にも注目したいところです。

まとめ

Web3はインターネットを分散化し、中央集権でのインターネット世界から個人ベースのつながりでインターネットを利用することを可能にする仕組みです。

仮想通貨銘柄プロジェクトとも深く関わっていることから今後さらに注目されるトピックの一つだと言えるでしょう。